新築でも住宅診断は必要?検査するタイミングや得られるメリットなどを詳しく解説!

このサイトでは、新築でも住宅診断は必要なのかどうか、また検査するタイミングや得られるメリットなどについて詳しく解説します。
建物の専門家である建築士や診断士などが、第三者的立場から建築した家の内部や外部をあらゆる角度から検査することで施工不具合を確認することができるため、売主と対等な立場で交渉できるようになるだけでなく、建物の価値を高めることにもつながります。
これから建てる場合は、随時欠陥などを把握できるよう建築工事開始後から利用するのがおすすめです。

新築でも住宅診断は必要?検査するタイミングや得られるメリットなどを詳しく解説!

住宅診断とは、建物の専門家である建築士や住宅診断士などが、第三者的立場から欠陥の有無・住宅の状態・改修が必要な箇所やその時期・大体の費用などを見定め、アドバイスを行うというものです。
住宅購入などの際に専門知識がないと、不安があっても売主やメーカーなどの言いなりにならざるを得ないことがあると思います。
そんなとき活用をおすすめしたいのが住宅診断。
客観的な診断結果を得られ、売主などとも対等に交渉できるだけでなく、建物の価値を上げることにもつながります。
新築の場合でも受けるメリットは同じです。
タイミングとしては、欠陥や手抜きなどを随時把握できるよう、建築工事開始後から利用すると良いでしょう。

新築の場合でも住宅診断を受ける方が良い

住宅診断は新築を購入した場合でも検討することが推奨されます。
新しく建てた住まいだから問題はないだろうと考えてしまいがちですが、手抜き工事によって欠陥が見付かったり、図面と異なる工事がされていたりなど、このようなトラブルに見舞われるケースが実際に起きています。
基本的に新築は10年保証が付与されているため、何かあったとしても保証によって対応してもらえると考えてしまいますが、全てが保証されるわけではない点に注意が必要です。
そして入居後に欠陥が見つかった場合ですと、販売主が瑕疵を認めず揉めてしまうことも考えられます。
仮に保証がスムーズだったとしても、入居後ですと工事の間、不便を強いられることになりかねません。
したがってできるだけ入居前に住宅診断を受けるようにすることが無用なトラブルを回避するポイントであり、これから安全に暮らすための秘訣と言えるでしょう。
依頼に際していくらかの費用は掛かってしまうものの、今後の生活の安心を考えると調査を実行するだけの価値はあるはずです。

新築の場合は建築前に完成時に住宅診断をして欲しいと伝える

新築の住宅を建ててもらうような場合は、最初にサービスを利用する場所を選ばないといけませんし、話し合いもたっぷりとするのが大切になります。
新築の住宅は購入すると高額な費用が発生しますから、基本的に失敗することは許されないです。
欠陥住宅などを購入してしまうとその後の生活に大きなリスクが与えられますから、安全に生活することができる住宅であるのかどうかを最初の段階で確認しておかないといけません。
そのため完成時に住宅診断をしてくれるのか確認しておくのが重要になってきますから、話し合いをするときに住宅診断についても聞いておくのが大切です。
完成時に住宅診断をしてくれないような場合は、サービスの利用を控えたほうが安心できますから、安心して生活できる新築を手に入れることができるのかの判断材料にもなってきます。
住宅診断をすることができれば、しっかりと安全に生活できるような内容になっているのか確認できるので、気持ちよく新生活を開始することが可能です。

新築の住宅診断をすることで不備がないか確認できる

住宅診断は中古住宅に対して行うもの、というイメージを持っている方が少なくないといいます。
しかし実際には、新築住宅に対して住宅診断が行う人も多くいるといわれています。
新築の住宅診断をするメリットは、不備な点がないか確認できるといった点にあるでしょう。
新築住宅には建築確認の完了検査が行われますが、これは建築基準法に則っているかどうかを確認するためのものです。
欠陥住宅かどうかをチェックするわけではないため、床下や天井裏については検査がおこなません。
検査済証があったとしても、欠陥がないとは言い切れないのです。
万が一、新築の家に欠陥があったとしたら、その後様々な問題が生じます。
保証があってもその範囲内に含まれない可能性がありますし、売り主が瑕疵を認めないといったこともあり得るでしょう。
住宅の欠陥は生活に大きな影響をもたらしますし、金銭面のトラブルにも発展しかねません。
確実な住宅診断を行っておくことが、後のトラブルを予防します。

新築の建築トラブルを防ぐために住宅診断を受ける

折角新築のマイホームを建てることになったならば、ホームインスペクション(住宅診断)を受けるかどうかを迷う人も多いはずです。
実際に不動産会社の人は、住宅診断を受けたほうが良いですか?という質問を受けるそうですが、答えは受けたほうが後々のトラブルが少ないというものだといいます。
新築で結局大きな欠陥がなく不要だったというケースも多いのですが、診断したほうが良かったという家も多いのが事実です。
ただし不動産会社の営業や、ハウスメーカーの設計者は「不要です」と答えることも多いのだそう。
なぜならば第三者を入れてしまうために、対応のために手間が増えてしまうからです。
また契約前に診断した場合、第三者検査を入れてほしくないと感じることもあります。
売り手側と買い手側のニーズが違うために、こういった事例が起きてくるのです。
不動産会社の言い分としては、引き渡しから10年間の保証があるから大丈夫といいますが、保証はあっても安心があるかは別問題なのです。

住宅診断に関する情報サイト
住宅診断について詳しく解説

このサイトでは、新築でも住宅診断は必要なのかどうか、また検査するタイミングや得られるメリットなどについて詳しく解説します。 建物の専門家である建築士や診断士などが、第三者的立場から建築した家の内部や外部をあらゆる角度から検査することで施工不具合を確認することができるため、売主と対等な立場で交渉できるようになるだけでなく、建物の価値を高めることにもつながります。これから建てる場合は、随時欠陥などを把握できるよう建築工事開始後から利用するのがおすすめです。

Search